ホーム薬剤師からのヒント > インフルエンザの季節が・・

インフルエンザの季節が・・

下記のチエックリストを参考に、インフルエンザの疑いがある場合、早めに医療機関に受診しましょう。

重要ポイント

①地域内でのインフルエンザの流行

②急激な発症 *前触れとしての鼻水・咳・くしゃみが続くことなく、急に高熱になって気づく

③38度以上の発熱・悪寒

要注意ポイント

重要ポイントの他に次のような要注意ポイントもあれば、インフルエンザを疑いましょう。

①関節・筋肉痛

②倦怠感・疲労感

③頭痛

④寝込む

また、次のいわゆる「かぜ症状」もほとんど同時か、やや遅れて現れます。

咳・鼻汁・くしゃみ / のどの痛み

日常生活で出来る予防方法

1 栄養と休養を十分とる⇒体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。

2 人ごみを避ける⇒病原体であるウイルスを寄せ付けないようにしましょう。

3 適度な湿度・温度を保つ⇒ウイルスは低温・低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。加湿器などで室内の適度な湿度を保ちましょう。

4 外出後の手洗い・うがい⇒手洗いは、接触による感染を、うがいは喉の乾燥を防ぎます。

5 マスク着用する⇒外敵からの感染予防と飛沫を防ぐ意味です。

 

どちらにせよ、いつもより体調が変だなと感じたら、お近くの医療機関に受診することを薦めます。